背景
オーサー&メサイア

Google Play で手に入れよう AppStoreで入手

アナログカードゲームBoothで販売中!
オーサー&メサイアBoothで販売中!

――オーサーとメサイア。
作家と、作家の魂が閉じ込められた
作品の具現化。

――"世界で最も優れた魂"。
  つまりは"最強"にして"最高"の作家。

書物こそが世界の中心。メサイアこそ魂の
象徴。オーサーこそが世界を造り給うもの、
神の如き創造主に最も近い"人間"の象徴。

書物こそが全ての世界において、
"作家 オーサー を持たない 無名の書" メサイア が目覚めた。
それは、あらゆる人間の心に届く神の
声に等しき書物となるか。それとも、
あらゆる人間の心に影を落とす根の国の手となるか。

――それはある "無名の書" メサイア を拾い上げた
   "作家" オーサー の物語。
  幾千幾万ものありとあらゆる魂の具現。

それらがしのぎを削る、
物語という"可能性"の戦い。
今は千年に一度行われる祭典、
"世界で最も優れた魂"を持つ者を決める戦い。

『唯一無二の創造主』 ソル エ ユニーク オーモンド を舞台に、
一つの世界が廻り始める――

用語

オーサー

オーサー : 本の作家。すなわちメサイアの主。

メサイア

メサイア : オーサーの作品が具現化したもの。
一作品(本)につき一人のメサイア。

遊び方

執筆(プレイ)の準備

1. メインデッキをシャッフルして【原稿(山札)】裏向きに置きます
2. ストーリーデッキは裏向きにして【箱書き】に置きます
3. ジャンケンをして勝った方が先行となります
4. 【原稿(山札)】から5枚引くきます これが最初の手札になります

執筆(プレイ)の手順

1.ドローフェーズ:
原稿(山札)から2枚引く
※手札に枚数制限はありません

2.メインフェーズ
・場にストーリーカードがなければストーリーを出す
・イメージカードを場に0~2枚まで出す
※先行側は1ターン目は0~1枚
・アイデアを使う
(何回でも可)

3.エンドフェーズ
ターン終了:相手のターンへ

カード種類

ストーリーカード

ストーリーカード:名声カードを得られるカードです
同じジャンルのイメージカードを場に出すことで完成となります
完成に必要なイメージカードと枚数はそれぞれ異なります

メサイアカード

メサイアカード:どのストーリーカード
にもつけることができ、全てのイメージ
カードの代わりになります
ストーリーカードを完成させる際に使用すると、
名声に1ポイント加算されます
※メサイアカードは破壊されません

イメージカード

イメージカード:ストーリーカードを完成させるために必要なカード
同名のカードはデッキに3枚までしか入れられません
どのジャンルのストーリーカードに使用するかを示しています

アイデアカード

アイデアカード:執筆(プレイ)を有利に進める効果を持つカードです
手札を増やす、相手のイメージカードを破壊するなど、様々な効果があります
同名のカードはデッキに3枚までしか入れられません

ストーリー完成に必要なイメージカード

恋愛「幼いころの約束」

・10年後の再開
・ライバル
・夕暮れ時の教室

ホラー「館に隠された秘密」

・迫りくる脅威
・暗き森
・古びた館

ファンタジー「幻想の世界」

・大魔法
・決戦
・精霊との契約
・魔女

サスペンス「海の合宿」

・事件の謎
・事件発生
・犯人は

SF「新たな地を求めて」

・迫りくる脅威
・航海
・旅立ち
・未知の世界

日常「ありふれた日常」

・たわいない会話
・手紙
・深刻な問題
・事件の謎

冒険「冒険の後」

・発見
・決戦
・罠

戦記「開戦」

・犠牲
・絆
・勝利
・ライバル

システム

デッキ構築のルール

メインデッキ:40枚
・メサイアカードとイメージカードと
アイデアカードを入れて合計40枚にしてください
・メサイアカードは1枚のみ入れられることができます
・同じ名前のカードは3枚までしか入れられません

ストーリーデッキ:5枚
・ストーリーカードは合計で5枚です
・最低3種類のジャンルを入れてください
・同じ名前のカードは2枚までしか入れられません

ゲーム概要

オーサー&メサイアは物語を紡ぐ対戦型カードゲームです。
あなただけのデッキを構築し、ストーリーを完成させることで名声ポイントを得ます。
相手よりも先に名声を5ポイント獲得したら勝利です。

勝利 最初に名声を5ポイントにした側の勝利

敗北 自分のターンに原稿にカードがなく、ドローできない時

※相手のアイデアカードなどで
強制的にカードを原稿から引かされる際、
引ける原稿がなくてもすぐに負けにはなりません。
また、自分のターンでドローした瞬間に
原稿からカードがなくなっても、すぐには負けにはなりません。

プレイマットについて

配置図

①原稿(山札)…メインデッキ置き場所です

②没案(捨て札)…使用済みのメインデッキ
のカードの置き場です。ストーリーカードが完成
した際には、使用したイメージカードもここに置きます

③箱書き(ストーリーデッキ置き場)…
ストーリーデッキ置き場です

④名声…完成したストーリーデッキ置き場です

⑤プレイ中のストーリーカード…
現在作成中のストーリーカード置き場です

⑥イメージカード置き場…
現在プレイ中のストーリーカードに使用する
イメージカード置く場所です

⑦アイデア(防御)…アイデアカードの守護の
お守り、鉄壁など、相手からの妨害に対する防御に
使用するアイデアカード置き場です

オーサー&メサイア 説明書.pdf

お問い合わせ

カードゲームに関するご意見、質問等ありましたら
こちらまで